まさに今賃貸物件を求めている方達へ

賃貸のことなら「まさに今賃貸物件を求めている方達へ」

当サイト「まさに今賃貸物件を求めている方達へ」では賃貸に関するお役立ち情報をご案内しています。
これから賃貸探しを考えている人はまさに必見の情報サイトです。適当に賃貸を探し、そのまま契約をしてしまうと、後々後悔をするようなことがきっと出てくることでしょう。
後悔をしないためにも情報収集をしっかりと行い、足を使って不動産屋を回る必要があるのです。最近では少なくなってきましたが、不動産屋の中には悪質な行為をしている業者も実際にあります。
相談に来ているお客さんの立場になって真剣に考えてくれない不動産屋には注意が必要です。

 

賃貸物件探しで最も重要なポイントが、自分の条件を決めて、妥協出来る範囲を予め決めておくことです。
ある意味で完璧な物件は無いという考えを持って物件探しをした方が良いかもしれませんね。





まさに今賃貸物件を求めている方達へブログ:20211208
一週間くらい前、
フリーで仕事をしているオレのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどオレは24時間悩み込んでしまいました。

「奥さんと子どものために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のオレが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

オレ一人では答えが出せず、
思い切って奥さんに相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
奥さんも答えが出せずにいました。

もちろん奥さんにとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど奥さんの心の中にも、
「主人にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな奥さんの気持ちを知ったとき、
オレは「はっ」と気付きました!

今までオレは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもオレは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを奥さんや子どもに、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたオレは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。


まさに今賃貸物件を求めている方達へ モバイルはこちら