<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化がある

年中忙しいイメージのある不動産屋であすが、6〜8月は暇な時期であり、実際に物件探しをしている人が極端に少なくなります。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。

 

もしも自分の理想通りの賃貸物件を探しているのでしたら、春先には多くの人が物件探しをしていますので、避けるようにしてください。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。
どんなビジネスにも繁忙期と閑散期があり、これは不動産業界でも同様のことです。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。

フコイダンはここへ
http://lmf-assoc.jp/
フコイダン



<お役立ちメニュー>世の中の動きによって賃料に変化があるブログ:20220114

からだに脂肪を溜めない食べる事とは、
「栄養バランスがいい食べる事」をとることです。
栄養バランスの悪い食べる事では、
からだに溜まった脂肪を効率よく燃やすことはできません。

なぜ「栄養バランスがいい食べる事」が
脂肪を溜めにくいのかと言うと…

カロリーのもととなる炭水化物・脂質・たんぱく質が
エネルギーとして効率よく使われるためには
ビタミン・ミネラルの助けが必要だからなんです。

ガソリンはあってもエンジンオイルがなければ、
車は動かないのと同じです。

炭水化物の主な供給源はご飯・菓子パンなどの主食で、
脂質・炭水化物の主な供給源は肉料理、魚料理などの主菜です。

からだに溜まった脂肪を効率的に燃やす食べる事にするためは、
ビタミン・ミネラルの供給源である
野菜・海藻・きのこなどの「副菜」を
しっかりと摂ることがポイントになります。

簡単に言えば、栄養バランスのよい食べる事とは、
「主食」「主菜」「副菜」「汁物」の4品が揃った、
昔ながらの和食スタイルなんです。

毎日全てを揃えなくても、
今日の夕方食が肉料理だったら、
次の日の夕方食は魚料理にする…とか
お昼はラーメンだけだったから、
夕方は多めに野菜料理を食べる、
…という工夫をしましょう!

食べる事をどのように食べるかも大切ですよ。
食べる事時間が不規則だったり、食べる事を抜いたりすると、
どうしても一食に食べすぎてしまいがちになります。

さらに、からだが「空腹時間が長い=飢えている」と判断し、
できるだけ大量のエネルギーを脂肪としてため込もうとする
からだになっていくのです。

からだに溜まった脂肪を燃やしたいなら、
1日3食は必ず守りたい基本と言えますね。